最近はちょびっとおやすみ取れるようになりました。その時間を使って、自分にできるコトを…


by cookie_mel
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

朝ご飯の威力

2個下で朝ご飯におにぎり作って食べながら出勤・・・と書いたら、少々忙しいのに朝ご飯食べてて偉い!と誉められて(誉められてるのかなぁ?)、ちょこっといい気分で、またおにぎり握ってます。

実は大学5年生の時まで(医学部は6年制なので)朝に弱くて、病院実習も遅刻したことのある私。宵っ張りなため、寝起きも悪くて、ご機嫌が良くなるのは昼過ぎから・・・といった毎日でした。

朝に強くなったのは大学6年生の1月から。3月の末に医師国家試験があって、6年生の授業は12月いっぱいで卒業試験も含め終了。1月からはひたすら国家試験対策の問題集を解いて解いて解きまくる毎日。家で勉強する人もいれば、図書館や実習室を借りて各々試験勉強。私は友人と2人で朝9時から夜9時まで小さめの教室を借りて勉強していました。受験環境と同じ環境(試験開始が9時だから)にしよう、家では勉強しない、っていう方針を立てて。もともと試験に受からないと医者にはなれないのですが、私が国家試験を受けた頃の母校の国家試験合格率が2年連続95~96%(全国平均80%くらい?)だったので落ちるのは学年100人強の中のほんの一部。受かるのが当たり前の試験だったので真剣でした。(当たり前ですが)

で、国家試験を前にして先生、先輩達の誰もが言うアドバイスが
「朝ご飯を食べないと国家試験に落ちる!」
というものだったので、まずはこの3ヶ月から規則正しい生活が始まりました。(実家にいた頃は別として) 朝ご飯のおかげか無事合格!

医者になってからは外科という忙しい科を選んでしまったので、「朝ご飯を食べないと夜中の12時過ぎまで何も食べられないことが頻繁にあること」と、朝のミーティングが8時から始まるので「グループの人数分朝ご飯を一番下っ端が買ってきてみんなで朝ご飯を食べる」という習慣があったので、その習慣がそのまま自分の習慣になってしまいました。今はお昼を食べられる時間のある勤務先になったんですけどね。ま、体にも精神的にもいい習慣なので先輩たちに感謝です。

今は、届いたばかりの軽量保温ミニボトルをお試し期間中。なかなか、優れものです。
[PR]
by cookie_mel | 2005-10-27 23:30