最近はちょびっとおやすみ取れるようになりました。その時間を使って、自分にできるコトを…


by cookie_mel
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

素敵なアメージング・グレース

後輩の結婚式に行ってきました。新婦さん側ね。
彼女は3年下のバリバリな外科医。
新郎君も実はよく知っていて医者2年目の研修医君。
来年は脳外科に入局予定。
今日知ったのだけど二人は同じ歳。研修医君が外科に研修に来たときが出会いのきっかけ。研修医君がもうアタックして1年越しで実った素敵なカップルでした。

とそこまでは、まぁ一般的に言えば職場結婚で医者と医者の結婚は珍しくもなんともないんだけど、来賓が・・・。今日の主役二人には悪いけど、我々下々の者の目は中央の2テーブル。

新郎側:脳神経外科(教授、助教授・・・)
新婦側:消化器外科(教授、助教授・・・)。

医者同士の結婚式ならではの席順で、普段なら珍しくもないのだけれど、先月学部長選挙が終わったばかり。脳外科の教授がめでたく学部長選(戦)に勝利し就任されました。実はこの選挙の際に外科は対抗馬を応援していたので、いわゆる敵対関係。お決まりの御挨拶では脳外科の教授は皮肉にも学部長選挙の話を出してきました。対して我が教授。うまく新婦のエピソードを話して披露宴を盛り上げました。私の軍配はひいき目かもしれないけど外科教授が上(挨拶に関して)。その後、披露宴中、全く持ってどちらもお酌に立とうともしません(偉い人ばかりだしね)。一本の線が見えました。 

しかし、この教授2人、どちらも業績はすごくて二人で大学のインパクトファクター(英語論文を評価する基準)のほとんどを握ってる(それぞれ、おそらく200p以上)。二人とも若くして教授に就任した医学界では有名人。こんな近くで火花が散るのを観られたのは結構お得でした。

結婚式の際に、いろんな賛美歌が流れていたけど、アメージング・グレースが流れたときだけ、厳粛で素敵な式だったのだけど少々、ドラマの白い巨塔を思い出してしまいました。自分の結婚式ではアメージング・グレースだけは流さないぞ、と心に誓いました。いい曲なんだけど。

ともあれ結婚式、披露宴ともにいい式で心洗われました。きれいな花嫁姿だったなぁ。でも、最後の新郎新婦退場の際のBGM「ライク・ア・ヴァージン」はミス選曲だったと思う・・・。
[PR]
by cookie_mel | 2005-10-15 23:59 | cookieのぼやき