最近はちょびっとおやすみ取れるようになりました。その時間を使って、自分にできるコトを…


by cookie_mel
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

なんで元気がないんだっ!て言われても・・・

風邪ひいてるからです・・・としか、答えようがない。

仕事での一番上のボス(外科医:副院長:52歳男性)を私は親しみをこめて「おじいちゃん」と呼んでいます。(一応、本人には◎◎先生とは呼んでいますが、おじいちゃんと呼んでいることはすでに本人にばれていて、何で俺がおじいちゃんなんだぁ!といつも嘆いています。笑。)

ちなみに直属のボス(外科部長:50歳くらい:男性)は親しみをこめて「パパりん」と呼んでいます。もちろん、本人には○○先生と。「パパりん」と呼んでいることはばれていないと信じたいけど多分おしゃべりな婦人科の先生によってばらされている予感(98%)。一緒に仕事をして半年ですが、かなり相性いいです。オペもやりやすいし、信頼できるボスです。自分がオペしなくてはならなくなったらこの病院ならこの先生。堅実、確実。

どうでもいいですが、もう一人のボス(手術部長:45歳くらい:男性)は苗字に栗がつくので「クリりん」と陰で呼んでいます。あまり接触の機会がないので多分ばれていないと思われます。(外科医6人しかいないのに接触なくていいのか?との疑問もあるのですが、クリりん人見知りなので仕方ないです。)

前の職場(大学病院)では大体お名前で呼んでいたのですが、今回の職場では会う対象が少ないので自然と親しみをこめた呼び方が定着しています。他の科の先生や看護婦さんたちも最近感化されてきて「パパは?」「おじいちゃんは?」と通称で呼ぶようになってきました。(楽しい職場です。)・・・・・思い出した。医者1年目(24,5歳)のときに直属のボス(35,6歳:外科医:男性)に「君はあだ名で上司を呼ぶと絶対に本人に向かって言っちゃうタイプだから、本人がいないところでもあだ名で呼んじゃダメ!」と諭されていたので忠実に生きてきたのでした。ボス、あなたの人を見る目はすごく正しかったです。。。

で、この「おじいちゃん(副院長)」が「おじいちゃん」だけにくせ者でして、異様に元気で自分の健康にストイック。若い頃はおいしいものを食べて今の倍くらいぽっちゃりしていたらしいのですが、ある日目覚めて今は休みの日にはハーフマラソンや自転車で40km走る。普段の日もオペが終わった後に病院横にある公園のランニングコースを10周走ってきたりする。まじめに仕事を終えて医局であったときにランニングしてきた自慢(これを自慢するあたりがおじいちゃん的なのだと思うのですが)をされるとさすがに相手をするのがイヤになってしまう。おじいちゃん、24時間テレビの丸山弁護士のマラソンに感動して「俺も娘と走りた~い。」と病院で何度も言っていました。家で叫んで欲しいものです。

このおじいちゃんにこのところ毎日毎日「元気ないなぁ、俺は昨日◎km走ってきたぞ。」「元気ないなぁ、俺は昨日焼肉食ってきたぞ」「元気ないなぁ、俺、昨日ニンニク料理食べ過ぎちゃった。」と風邪で弱っているのに攻め立てられていたので、「先生がおいしいものを食べさせてくれないから元気になれないんです!」と言ってみました。

(cookie:心の言葉: ていうか、先週から風邪で調子悪いって言っているでしょ!あなた医者だから見れば分かるでしょ!治ってないの。しつこいです!ほっといて~~~)

そしたら、来週、おいしい焼肉屋さんに連れて行ってくれることになりました。ラッキー。研修医の子が今月から変わったのも祝して。(今度の子は手がかからなくてやる気があってホントにいい子)

風邪はウイルス感染症なのでなかなかいい薬がありません。対象療法しかない。今は熱っぽいので解熱剤メインの薬使用中。どうも流行っているようで、特に内科と小児科の先生たちも感染しているみたいです。(一昨年は恐ろしいことに医者の間で髄膜炎が流行って入院患者が続発:前の前の病院ですが)病気がすぐそこにる環境なのでいつもは手洗い、うがい、規則正しい生活で風邪は年に2回(夏と冬に1回ずつ)しか、かからないのですが、今回は凹んでたら食欲が激減して、おそらく免疫能が落ちていたらしく、不覚にも風邪をひいてしまった。風邪って全快するのに2週間以上はかかるので最悪。(以前もあまりに治りが悪くて免疫不全症候群?と冗談で聞かれたことがあります。血液検査ではHIV陰性なので大丈夫なはずですが)。

こんなときにオペは少々辛いのですが(こんな外科医にオペされる患者さんの方が辛いけど)、不思議とオペ中は神経が集中するのか、オペ室の空気がきれいだからか、鼻の調子も、頭の重さも通常の状態に戻れます。こんなことなら緊急オペが2,3件続けてくるとアドレナリン上昇して風邪なんてすぐに治っちゃうのになぁ。ありがたいことに、そこそこ世間は平和で緊急オペもありません。(外科医が忙しいときは世の中は(少なくとも患者さんの周りは)平和とは言えないものね)。

はぁぁ、もうすぐ週末。後輩の結婚式もあります。体調不良なので、ちょっと憂鬱。でも、幸せな空気を分けてもらってきます。大学の先生達(かっこいい外科医だらけ。しかし既婚者ばかり。)にも久しぶりに会えるので楽しみ。(でも、披露宴だけでなく、結婚式まで呼ばれているので病気の身には少々辛い・・・本当に呼んでくれるのはありがたいのですが。)

あぁ、だれか、いい風邪薬発明して!
[PR]
by cookie_mel | 2005-10-13 20:47 | cookieのぼやき